可能な限りプロに任せる

マンション

現在マンションを所有しているけどもそこに住むつもりはない場合や、投資物件としてマンションを購入して売却しようと考えているならば、マンション売却の業者に依頼した方がよいでしょう。業者に依頼する目的は、可能な限り売却をスムーズに行おうとすることです。自分たちで売ることができない訳ではありませんが、手続きなどは非常に面倒なだけでなく、そもそも購入希望者を見つけるのもかなり大変です。いつまでたっても購入希望者が見つからなければ、話が先に進まないだけでなく、維持費や税金など無駄なお金を払うことにもつながります。業者を利用することによりお金を払わなければいけませんが、それでも自分自身が手続きのプロやブローカーなどでなければ、不動産業者を利用した方がはるかにメリットがあります。

3種類の契約

住宅模型とお金

マンションを売る場合には、3種類の契約方法があります。一般契約の場合には複数の不動産会社と契約することができますが、なかなか売れない可能性もあります。なぜなら、自分のところ以外にもその不動産扱っている業者がいるとすればそこまで真剣になれない可能性があるからです。これに対して専任媒介契約や専属専任媒介契約の場合にはひとつの不動産会社としか契約をすることができません。そのため、その不動産会社も真剣になってお客さんを捜し購入希望者を短期間で見つけてくる可能性があります。しかも、この二つの契約の特徴は、不動産会社の方に顧客に対する定期的な報告義務があることです。報告を受けることにより、現在物件がどのような状態になっているのかそして購入希望者が現れそうなのかがわかります。これにより、価格を下げるべきかそれとも現状維持のままでよいのかがわかってくるでしょう。

専任媒介契約と専属専任媒介契約

間取り図

専任媒介契約と専属専任媒介契約は、一つの不動産会社としか契約をすることができない点で共通しています。この二つは、一見どちらも同じように管理ますが一つだけ決定的に違うことがあります。それは、売り主自ら売却してもよいかいけないかの違いです。専任媒介契約の場合は、もし売り主の方にマンションを買いたいという人が見つかれば、売り主はその人と契約をしてもよいことになっています。これに対して、専属専任媒介契約の場合には、仮に売り主の方で買い主が見つかったとしても、勝手に不動産会社に内緒で売ることはできないのが特徴です。本人も売却できないという意味においては拘束力が強いですが、その代わり契約に結び付く可能性は高くなります。

広告募集中